たつの市の農業について

揖保川で育ったお野菜たち

たつの市は兵庫県南西部に位置しており、一級河川・揖保川の下流域にあります。
揖保川の恩恵を大きく受けており、水田を中心に稲作・麦・大豆などの農業が盛んに行われ、揖保川地域のブランド化されたトマト、御津地域の成山新田で生産された大根・人参、綾部山梅林などの梅がよく知られています。

最近では、栄養価の高い小麦や、紫黒米などの特産物、瀬戸内の温暖な気候を利用した花の苗の生産をはじめ、コスモス、紅花、菜の花なども栽培されています。

会長 三木亜紀

代表の想い 日本の食の未来を私たちの手で守りたい。

2020年度テーマ
次世代へ繋がる農業をしよう ~仲間と共に一致団結~
2020年度目的
メンバーの自己成長 ~一人一人が輝く農家へ~

2020年度、たつの赤とんぼクラブ会長に選任頂きました苗村武大と申します。平素は弊クラブ活動にご理解ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
今年度、弊クラブは設立5周年を迎えることが出来ました。関係各位の皆様、日頃はご協力を賜り誠にありがとうございます。

たつの赤とんぼクラブの会員は、たくさんの若手農業者が集まっております。やさい・花など多品目の農業者が集まっており、地域の農業を支える志の高い仲間です。
弊クラブでは農業経営に関する研修・親睦交流の実施により、農業者同士のつながりができます。

ここでは素晴らしい仲間との出会いがあり、同じ地域の農家だからこそ出来る対話、情報交換ができます。次世代を担う若手農業者たちが学び合い、切磋琢磨しあうことで、仲間同士の「絆」へ繋がっていく事を心より願っています。